スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

toe - New Sentimentality (2006)

toeのニューシングル。
やはりというかtoeの次に進む方向性が見えた。

優しいアルペジオに絡むジャジーで手数の多すぎるドラム。
相変わらずいい曲書きますね。

2曲目の"1/21"ではムーグシンセが絡むという新しい試みを。
でもこれは十分アリな曲で、これがまた美しい。

このまま美しいアルペジオに導かれて、
空高くへと駆け巡るドラムの協奏曲を楽しみにしています。

休日のけだるい朝に聞くとぴったりかもしれません。

toe ;
kashikura takashi : drums
mino takaaki : guitar
yamane satoshi : bass
yamazaki hirokazu : guitar

new sentimentality e.p.
new sentimentality e.p.
posted with amazlet on 07.02.18
toe
バウンディ (2006/12/06)
売り上げランキング: 1683
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本の小道で聞こえてくる風景

| toe | 01:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

toe - the book : about my idle plot on a vague anxiety (2005)

the book about my idle plot on a vague anxiety
B000AA7C5Gtoe 3Dシステム 2005-08-31売り上げランキング : 1,161Amazonで詳しく見る by G-Tools


8/31にリリースされたメロディアスなポストロックバンドtoeの最新アルバムがリリースされました。

一曲目にまず驚き。
Jazz??

その後は前作までに見られた勢いのある、
疾走感とともに暴れまくるドラムに乗せて
2本のギターが絡み合うようなことはなく、
落ち着いた雰囲気のメロウな楽曲を紡いでいくのです。

唯一の疾走感がある曲とも言える"I do still wrong"さえも
メロウにしっとりと聞かせる。

toeはただ疾走感だけを追い求めたのではなかった。
駆け抜けたあの夏を締めくくるにはぴったりの一枚。
Peleに近かった音がMice Paradeの方に向かっている。
疾走感から幻想的な世界へと旅立ったのであろうか。

リリース記念ライブもあるので気に入った方はどうぞ。

初めて知ったのですがドラムの柏倉氏は
あの木村カエラのサポートで叩いているんですね。
(ごめんなさい、まともに木村カエラ聞いたことありません・・)

toe ;
kashikura takashi : drums
mino takaaki : guitar
yamane satoshi : bass
yamazaki hirokazu : guitar
| toe | 23:53 | comments(9) | trackbacks(1) |

toe - songs, ideas we forgot (2002)



toeです。
今までの流れからtoe(トー)を紹介しないわけにはいきません。

音楽性はPele, Tristezaに近い
インストで綺麗な旋律を奏でる日本のギターバンドです。

日本のバンドらしい哀愁の漂う旋律と疾走感のあるドラムが売り。
とくに素晴らしいのがドラム。

私はドラムばっかり誉めてますが仕方ありません。
ドラムが大好きなんですから。

ドラムの抜け具合が本当に気持ちよい。
それでいて複雑でスピード感のあるドラミング。
アルペジオ、リードギターが薄くてもグイグイ引っ張ってくれる。
ディストーションを使わずともこのドライブ感を提供してくれるバンドはそういません。

ようやく2005年の5月にレコーディングに入ったようなので
今年中には新たな音源が到着するものと思われます。
そのときは本blogでももちろん紹介します。

toe ;
kashikura takashi : drums
mino takaaki : guitar
yamane satoshi : bass
yamazaki hirokazu : guitar
| toe | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
このページの先頭へ