スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

LITE - filmlets (2006)

前回の紹介から10ヶ月。
ようやく1stアルバムがリリースされました。

みなぎる緊張感。
ヒリヒリと凍りつく空気。

もうたまらんね。
こんなに気持ちがこもった演奏、
バンドスケールとしてとんでもないでかさ。
次世代バンドの最右翼です。

toe, 54-71などの系譜を辿っていますが
一切の妥協がない覚悟を感じる。

すさまじい演奏能力とギター2本の絡み合いがたまらない。
左右のパンから気持ちよく飛び込んでくるのでイヤホン、ヘッドフォンで聞くのがいいです。

今作ではメロディアスな部分もあるので
人気もでるのかな??
でも変拍子多いし、どうだろ??

MOGWAI, teo, monoなどのインストギターロックが好きな人は
必ずといっていいほどはまること間違いないでしょう。

残念なのは曲が短いこと。
この緊張感を保ちながら長い曲が出来たらどれだけ凄いか・・・
それはこのアルバムのタイトル通りということか。
いつか長編映画を!!

視聴はこちらから
http://indiesmusic.com/itemview.asp?id=11901

LITE ;
Nobuyuki Takeda : guitar
Kozo Kusumoto : guitar
Jun Izawa : bass
Akinori Yamamoto : drums

filmlets
filmletsLITE


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| LITE | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

LITE - LITE (2005)



来ました!
ようやく私の耳にビンビンくる新人が!!

ギターが二本にベース、ドラムの4人編成。
歌はなしでインスト勝負です。
系統で言えばtoePeleを彷彿とさせるところもあります。
しかし、このLITEの本質は緊張感が漲っているところです。

冒頭ナンバーの"oct"はわずか2分弱の間に真剣勝負のような
張りつめた空気がピリピリと伝わってきます。
私はこれを視聴した瞬間に「買い」だと認識しました。
1〜3曲目までの流れが本当に素晴らしい。

冷たい人間関係、不条理な世界、不毛な肉体。
そんな言葉が浮かんでは消えていきました。
この夏の一押しアーティストです。

タワーレコード限定販売なのが惜しいです。
是非もっと広く知って欲しい。

視聴はこちらで。

LITE ;
Nobuyuki Takeda : guitar
Kozo Kusumoto : guitar
Jun Izawa : bass
Akinori Yamamoto : drums
| LITE | 23:20 | comments(1) | trackbacks(0) |
このページの先頭へ