スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Rachel's - Systems/Layars (2003)

2005年10月現在の最新アルバムが2003年に発売されたSystems/Layersです。
明らかにエレクトロニカを意識した音作りになり、
クラシック面からテクノ的アプローチをしかけている曲、
スティーブライヒのようなミニマルミュージックもあります。

その他前作までの流れと決定的に違うのがドラムが全面に出ていない。
ストリングスだけで構成されたものがほとんどでアグレッシブさはない。
メロディよりも雰囲気というか空気を強調した作品に仕上がっている。

真夜中に聴くと最高に気持ちがよい。
静かなエレクトロニカやスティーブライヒが好きな人はグッっとくるでしょう。

Rachel's ;


Systems: Layers
B0000D1FEDRachel's

Quarter Stick 2003-10-07
売り上げランキング : 37,371

おすすめ平均star
star深夜の為のサウンドトラック。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| Rachel's | 05:40 | comments(0) | trackbacks(0) |

Rachel's - Selenography (1999)

もう、なんて美しい音楽を奏でる集団なんだろう。
Selenographyとは月面という意味の英語です。
前作のThe sea and the bells→海と鐘では希望の灯火を掲げた傑作でした。
今作は一気に宇宙まで飛んで月面音楽を奏でるのだ。

メランコリックにメロディアスに優雅に。
ひとつひとつの楽器の持つ魅力を最大限に引き出した楽曲。

冒頭の"A French Galleasse"の壮大さもさることながら
Harpsichordの独奏"Honeysuckle Suite"が鳥肌もの。
胸に突き刺さるメロディ。
切ないハープシコードの音相に思わず涙します。

またひとつ演奏力、表現力を高めさらなる領域に達したRachel's
もう私はズブズブと嵌ってしまいました。

秋の切ない夜にぴったりの一枚です。

ドラマティックな展開の"An Evening of Long Goodbyes"が視聴できます。

Rachel's ;
Steve Buttleman : Trumpet
Giovanna Cacciola : vocals
Kyle Crabtree : percussion
Dominic Johnson : Viola
Eve Miller : Cello
Edward Grimes : Drum kit, vibraphone
Rachel Grimes : Piano, keyboards, harpsichord, vocals
Christian Frederickson : Viola, keyboards, accordion
Gregory King : Percussion
Jason Noble : Guitars, bass, keyboards, percussion


Selenography
B00000IR6TRachel's

Quarterstick 1999-06-08
売り上げランキング : 50,692

おすすめ平均star
star月面地理学

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| Rachel's | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |

Rachel's - The Sea And The Bells (1996)

Music For Egon Shieleと同じ年に発売されたRachel'sの3rdアルバム。
シンプルだった前作と比べて、
17人のミュージシャンが参加し、このアルバムが作成されました。

一曲目からその方向性に新しい光が見え始めます。
高らかに光を浴びて突き進むRachelのピアノ、ドラム、
全ての楽器が一体となり美しさと神々しさに満ちています。

最初に聞いたときは涙が出そうになりました。
音楽への愛が満ち溢れた素晴らしい。

「素晴らしい」「名作」という言葉はこのアルバムのためにある。
奇跡的な一枚。

Rachel's & Guests ;
Richard Barber - Contra Bass
Marnie Christensen -Violin
Kevin Coultas - Drum set,timpani
Nat Barrettr - Cello
Edward Grimes - Drum kit, vibraphone
Mark Greeenberg - Vibraphone
Rachel Grimes - Piano
Christian Frederickson - Viola,matchbooks
Gregory King - Hand Drams
Michael Kurth - Double Bass
Eve Miller - Violoncello
Jeff Mueller - Orator
Barry Phipps - Upright Bass
Jacob Pine - Violin
Joun Upchurch - Clarinet,Bass Clarinet
Bob Weston - Double / Electric Bass
Jason Noble - Guitars, Bass,Tapes

Sea & Bells
B0000037O7Rachel's

Quarter Stick 1996-10-22
売り上げランキング : 17,399

おすすめ平均star
starメロディーを愛する人へ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| Rachel's | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) |

Rachel's - Music For Egon Schiele (1996)

ベースのJason B. Nobleが抜け、Wendy DoyleがCelloで加入。

前作は16人ものミュージシャンを集めて作成されたが、
本作ではRachel'sのみの演奏、すなわちpianoとviolaとcelloのみで
作られたアルバムです。

Egon Schiele(1890-1918)という若干28歳で死去した画家についてのサウンドトラックです。
ちなみに死因はインフルエンザです。
ジャケットには彼の絵がふんだんに使われていますので
インデックスにプリントされているバイオグラフィーと共に
音楽を楽しむことができます。

シンプルさが美しい。
これはなんと呼べばいいのであろうか。
前作とは違いピアノが全面に出ている作品である。
ピアノのRachelが放つ不思議なコード感覚。
休符の中に潜む優しさ、記憶の底から何かを呼び覚ますメロディ。

クラシックやロックやJAZZだけがピアノではない。
ピアノの可能性を今までにない角度から切り開いた名作。

Rachel's ;
Rachel Grimes : Piano
Christian Frederickson : Viola
Wendy Doyle : Cello


Music for Egon Schiele
B0000037O3Rachel's Quarterstick 1996-02-20売り上げランキング : 9,565おすすめ平均starstar90年代もっとも美しい音楽Amazonで詳しく見る by G-Tools

| Rachel's | 00:24 | comments(3) | trackbacks(2) |

Rachel's - Handwriting (1995)

更新が遅くなってしまいすいません。
私の携帯プレイヤーが壊れてしまっていて、あんまり音楽聴けてないです。


さて、今回紹介するのはRachel's(レイチェルズ)です。
リリースは1995年ですが、レコーディングは1991年、1993年、1994年行われています。

Rachel'sはピアノのRachel Grimes, ビオラのChristian Frederickson,
ベース、ギターのJason B. Nobleの三人が中心となり活動しています。
FredericksonとNobleは元RODANです。
(RODANについては過去の記事を参照してください。)

Rachel Grimesの経歴については調べてもよくわかりませんでした。
が、このRachelの名前がバンド名となっていることから、
彼がこのバンドの中心人物であることは疑いようがないです。


Nobleの車TOYOTAのカローラがRachelという名前だったからつけたみたいです。


情緒的で物憂げなピアノ。
JAZZ風なアプローチもある楽曲やピアノだけの曲。
2分弱の曲もあれば、14分強もある曲も。
そしてサウンドコラージュ的な要素まであり、
クラシックともロックともJAZZとも説明しがたい音楽、
まさにRachel'sの音楽を奏でています。


この記念すべき1stアルバムでは総勢16人のミュージシャンが
クラシックの楽器を携えて儚く美しい音楽を奏でます。
Shellac, Hula Hoop, The Coctails, Rodanのメンバーや
国立オーケストラのメンバーまで参加しています。

その美しさに満ちた世界はほんの始まりに過ぎなかったのです。

Rachel's ;
Rachel Grimes : Piano
Christian Frederickson : Viola
Jason B. Noble : Bass, Guitar, Tape

-guest musician
Richard Barber : Contra Bass
Nat Barrett : Cello
Marnie Christensen : Violin
Kevin Coultas : Drum
Mark Greenberg : Vibraphone
Gregory King : Hand Drums
Micheal Kurth : Double Bass
Eve Miller : Violoncello
Jeff Mueller : Orator
Bary Phipps : Upright Bass
Jacob Pine : Violin
John Upchurch : Clarinet, Bass Clarinet
Bob Weston : Double/Electric Bass

Handwriting
B0000037NVRachel's Quarter Stick 1995-05-23売り上げランキング : 34,720おすすめ平均starstar秀麗。Amazonで詳しく見る by G-Tools

| Rachel's | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
このページの先頭へ