スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

LUNA SEA - LUNACY (2000)

田舎の高校生時代はバンドをやるとしても
GLAY, LUNA SEA, X JAPANなどをコピーするバンドしかなかったです。
今思えば結構練習にはなったんですけど。

あまりいわゆうるV系は好きではなかったので当時は抵抗感を覚えていました。
しかし、LUNA SEAが解散してから6年。
LUNA SEAのラストアルバムを今、聞いてみた。

正直言って、これがすこぶる良い。
解散してしまったことが残念である、という感想です。

ルナシーというとハードなイメージがあるが、
実際に使っている音数はそう多くない。
コードをかき鳴らすわけではなく、

SUGIZO, INORANの個性溢れるギタープレイが光る。
演奏はホントに上手い。

メンバー各自の個性が激しくぶつかりあって、
奇跡的なまでの均衡を保つ曲ができています。

"gravity"はPOPさと儚さが同居するLUNA SEAでしか実現できないものです。
良質のPOPさとバンドの危うさ、緊張感が見事に融合した傑作でした。

他の曲も捨て曲らしいものはない。
いやぁ、今思うと惜しいバンドが解散したものです。
時間がたつと○○系という時代の流れから開放されてしまうものですね。

V系を嫌っている洋楽リスナー(俺含む)は一度聞いてみてはいかがでしょうか。

LUNA SEA;
RYUICHI :vo
SUGIZO :gut
INORAN :gut
J :ba
真矢 :dr

LUNACY
LUNACYLUNA SEA DJ KRUSH

おすすめ平均
starsラストアルバム
stars世界一幸せなバンドの最高傑作
starsありがとう、LUNA SEA
stars洋楽リスナーにこそ聴いてもらいたい
stars今までありがとう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
| LUNA SEA | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
このページの先頭へ