スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Don Caballero live at Shibuya QUatro (2007/04/27)

カレー食ってからクアトロへ。
金曜日の夜、これからGWの始まりだ。

As MeiasのEPとFrom Monument To MassesのTシャツ買う。
FMTMのTシャツはセンスがいいね。

Sequence Pulse
相変わらず綺麗な音楽だ。
TristezaのアンサンブルやSaxon Shoreみたいな世界を作り上げている。
ライブはいいけどCDを欲しいとは思わない。

From Monumet To Masses
2番手で登場ですか!?
待ちに待った新曲を中心にしたライブ。
シーケンスや打ち込みを多用している。
ベースやドラムの方もPCやらキーボードやらを駆使してて楽しそうだ。

得意のギターのリアルタイムループが最高にカッコイイ。
新作に期待大ですよ、これは。
それにしても演奏力が圧巻すぎる。
変拍子がビシバシ決まると鳥肌が。

As Meias
みんなバカテクなんだがどうもドラムがしっくりこない。
よく聞いてみるとハットを裏で取っているからだ。
しかもスネアまで自分が欲しいところに入ってこない。

魚頭さんはZの方が輝くわ。うーん、残念。

Don Caballero
オリジナルメンバーはドラムだけ。
果たしてどんなステージになるのやら。

あれれ、CDでは五人いたメンバーがステージでは三人しかいない。
デーモンはかなり酔っているようでスティックとばしまくり。
FMTMのようにギターループを使って音の厚みを増している。

最新アルバムからの演奏が多かったけどちゃんと旧作からもやるし、
音色もイアンと同じでびっくりした。

楽しめたけど人数が増えた演奏やデーモンが酔ってない状態での演奏がみたかった。
これぞドラムが歌うという至福のドラミングであった。


この日のベストアクトはFrom Monument To Massesでした。
新作が待ち遠しいです。
| Don Caballero | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |

Don Caballero - World Class Listening Problem (2006)

あのDon Caballeroが復活です!!

しかし現BATTLESのIan Williamsはいません。
オリジナルメンバーはドラムのDamon Cheのみです。

方向性は1st, 2ndのメタル変態変拍子インストで
万華鏡のような音世界を構築している。

いやー、ドラムのみが復活なんで音楽性が全然違ってくるかと思いきや、
ほとんど違和感なく聴けるものですね。

あの初期のドンキャバが好きな方ならキターとなること間違いないでしょう。

Don Caballero;
Eugene Doyle:guitars
Jason Jouver:basses
Jeffery Ellsworth:guitars
Damon Che:Damian Rothchild

World Class Listening Problem
World Class Listening Problem
posted with amazlet on 06.06.14
Don Caballero Relapse (2006/05/16)

| Don Caballero | 05:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

Don Caballero - Singles Breaking Up, Vol. 1 (1999)



今日でDon Caballeroの紹介は終わり。
本当にいいバンドなんで、一度聞いてみてください。
カオティック系(fugazi、envyなど)が好きな人にも激推薦!

本策は92年から97年までのEP、コンピレーション参加、未発表音源をまとめた作品です。
98年の"What Burns Never Returns"以前の音源のため、
ミニマル色はなくハードなディストーションと
めくるめく展開を魅せるエモーショナルなインストナンバーに仕上がってる。

しかし、本当に演奏がうまい。
70年代のプログレバンドよりもうまいんじゃないかと思ってしまう。
ドラムのスネア連打だけでもうゾクゾク!
ミュートなど入っていてヘビーメタルのような感じもしますがそこはDon Caballero。

ネットで調べていたところ、昨年はドラムのDamon Cheと
ドンギャバフォロワーの手によりDon Caballeroが再結成がされたそうです。
どうやら1st、2ndの激しい曲が中心だったようです。
やはり3rd以降で音楽性の違いが顕著に現れてしまったのでしょう。

いやぁ、それにしてもジャケットが素晴らしいですね。
レコードを交差点にばら撒いて絵文字を作ってる。
で、ジャケットの中身を見ると路上に落ちている
レコードを不思議そうに手を取る人々の写真が。

ああ、一度でいいからライブ見たかったなぁ。
battlesの1stはやーく聴かせてくれ〜
| Don Caballero | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

Don Caballero - American Don (2000)



最近の仕事量(今月末まで)、blogが重いなどの
関係上アップができないことがあります。
あしからず。

さてDon Caballeroの4枚目にして最後のアルバム。
凄いの一言。
現在のbattlesよりもかっこいいかもしれない。
(まだbattlesのアルバムを視聴していないので、正しい評価はできないが)

相変わらずライヒのようなミニマルフレーズ。
ディレイを二つ置くことによりメインのフレーズを
延々とバックで流したり、2重のズレを創り出したりしている。
しかもただミニマルにだらだらと演奏が続くのではなく、
くるくると万華鏡の様に音楽が花開いていくのは感動的だ。

ギターのMike Banfieldが脱退してしまったが、
ベースにはStorm & StressのErich Ehm を迎え、
バンドとしては全く問題ない。

さらにエレクトロニカよりのアプローチもしており、こ
の辺はTristezaあたりに通じるものがあります。

幾重にも折り重なったギターの旋律にドラムとベースが絡みあう
マジックを体験してみてください。
battles、From Monument to Massesファンには
涎(よだれ)がズビズバ出てくる超お勧め作品。
今後出るであろうbattlesの1stと比較してみたいです。

Don Caballero ;
Damon Che : drums
Ian Williams : guitar
Erich Ehm : bass


| Don Caballero | 23:59 | comments(5) | trackbacks(0) |

Don Caballero - What Burns Never Returns (1998)



化けた。
メンバーのサイドプロジェクトを経て
3年ぶりに発売されたアルバム。

1stアルバムでのディストーションの分厚さが完璧に取り払われてる。
ミニマルかつダイナミック。
歪みが小さくなった分、個々の楽器がより鮮明になっています。

Ian Williamsの才能が爆発してます。
新たなロックの歴史を築いた奇跡の名盤です。

From Monument to MassesTristezaなどのインストロックが
好きな人は必ずや気に入ることでしょう。
もちろんbattlesファンには一番しっくりくるはずです。

Don Caballero ;
Damon Che : drums
Ian Williams : guitar
Mike Banfield : guitar
Patterns Moris : bass
| Don Caballero | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

Don Caballero - Don Caballero 2 (1995)



Don Caballeroという名前はJoe Flaherty
(back to the future part2の監督)
の作ったキャラクターがGuy Caballeroといってマフィアのドンだったから、
だそうです

それと正確にはIan Williamsが参加したのはこのアルバムからのようです
(1stのアルバムクレジットにはIanの名前があったけどね)

さて2ndアルバムです。
1stのハードな部分を踏襲しつつ、さらに一歩踏み出した形を取っています。
相変わらずの変態ドラムと畳みかけるギタープレイは圧巻。

新たな面として10分近い長尺な曲が半数を占めます。
(1stは2分台の曲ばかり)
その曲にはIan Williamsの感性がキラリと光ります。
現在のbattlesに通ずるミニマルなギターから始まり、
そこにその他の楽器が絡み合う
"No One Gives A Hoot About FAUX-ASS Nonsense"はまさにbattles。

真剣に聴いていると脳味噌がドロドロに溶けてしまいます。
魂を持って行かれないように気をつけろ!

Don Caballero ;
Damon Che : drums
Ian Williams : guitar
Mike Banfield : guitar
Matt Jencik : bass
| Don Caballero | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |

Don Caballero - For Respect (1993)



現在BattlesのギターであるIan Williamsが
在籍していたバンド、それがDon Caballeroです。
ギターが2本、ベース、ドラムのインストバンド。

1991年に結成され、EPを何枚かリリースして
1stアルバムである本作「For Respect」を発表したのが1993年の秋。
プロデュースはなんとSteve Albini。

当たり前ですがbattlesとは全然タイプが違います。
Don Caballeroは直情的、分厚いディストーションギターと
複雑怪奇なリズムパターンで聴くものを圧倒します。

とまあ冷静に語ってますが
とんでもなくかっこいいです。
深く歪んだギターとメロウなコードワーク。
狂ったドラムに絡みつく2本のギターはもうたまらん。

ハードロックといってしまえばそれまでのような気がしますが
それだけでは収まりきらない情動と熱量。
12年前に出会っていたら一体どんな大人になったのだろうか。

激しいインストが好きな人は
間違いなく右手を挙げてガッツポーズだ!

Don Caballero ;
Damon Che : drums
Pat Morris : bass
Ian Williams : guitar
Mike Banfield : guitar
| Don Caballero | 21:31 | comments(4) | trackbacks(1) |
このページの先頭へ