スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Underground Searchlie - アオヌマシズマ (1998)



2枚目です。
アバンギャルドの歴史に刻まれる金字塔。
しかし、これ以降アルバムは一度も出てません・・

ブチキレ具合はスケキヨよりも上だ。
"ジェロニモ"はホッピー神山、大友良英、Reck、湊雅史の面子からなる
Optical8。やばい、今見てかなり凄い面子だと認識。
さっそくOptical8のアルバムを買わなくては。
曲はハードでPOPなんだけど、演奏している方々が凄すぎて圧倒されます。

"これが私の登山口"
これまたあぶらだこ。
クレジットを見るとあぶらだこのボーカルの長谷川裕倫がギター。
ずっとボーカルしかやってないと思っていましたが、
元々はこの人のギターが狂っているのですね。
長谷川氏曰くこの曲はセックスピストルズのような曲だそうです。
凡人の私にはどこがピストルズか理解できませんでした。
いつも通り変拍子爆裂のどこを切ってもあぶらだこ。

"埼玉ゴズニーランド"
これぞ大槻ケンヂのパノラマ島である。
もちろん元ネタはあのテーマパーク。
当時の彼の苦悩、音楽性と大衆性に対する疑問が爆発した名曲だ。
ノイズにのせた台詞が聴くものを切り裂くのである。
笑ってしまうほどよく作り込まれた世界観。
私も埼玉ゴズニーランドにいきた〜〜〜〜〜い!!

"がんばったがダメ"
これだよ、これ!
鬱病にかかってしまった大槻が虚無感とやるせなさを
つま弾いた自然体の最高の曲。

がんばったけれどダメだったよ
犬でも連れて
叶わぬ夢もあるんだね
散歩に行こう


あまりの感動に身を震わせた、俺の求めていた歌詞だ!
これこそ最強のロックというものだ。

やばい、今聴いたらまた涙が出てきた。
ダメ人間のダメ人間に捧げる最高の賛歌。

1.ジェロニモ
2.これが私の登山口
3.猿の左手 象牙の塔
4.埼玉ゴズニーランド
5.De Do Do Do,De Da Da Da(日本語版)
6.がんばったがダメ
7.UNDERGROUND SEARCHLIE

| Underground Searchlie | 22:21 | comments(0) | trackbacks(1) |

Underground Searchlie - スケキヨ (1998)



みなさまご無沙汰していました。
なんとか仕事も一段落つきまして、
またレビューに励めみます。

さて今の私の心情を表すのにピッタリのアルバムを紹介します。
筋肉少女帯の大槻ケンヂが筋肉少女帯を辞めて、
さらには音楽の道をも諦めかけた時に作成された非常にダークなアルバム。

そもそもUndergound Searchlieは大槻ケンヂが好きなバンドを集めて
曲をコラボレーションしてしまったものである。
このアルバムでは、
ホッピー神山キリヒトみうらじゅん人間椅子、面影ラッキーホール、あぶらだこ
などアバンギャルドなミュージシャンで固められています。

アルバム中の解説で本人も語っているように、
ここでの大槻ケンヂはちょっと尋常じゃない。

「愛している」を連呼しているアバンギャルドな1曲目。
ちっともJ-POPのような甘ったるい景色はない。
ドス黒いFunkをバックに「愛している」
という言葉がここまで呪詛のように聞こえることはないだろう。

突然だが私が一番好きな仏像は千手観音であり、
次に好きなのが不動明王です。
みうらじゅんは大の仏像マニアとして知られており、
そのみうらじゅんが人間椅子を従えて大仏連合という
バンドを作ってしまった。
さらには今回大槻ケンヂが参加した曲は"君は千手観音"
空手家の佐竹まで叫び担当で参加。
ああ千手観音がみたい!!

"横隔膜節"はあぶらだこです。
既存の音楽スタイルはここでは全く相手にされない。
狂気の宿った変拍子は聴くものの精神さえも破壊する。
これぞアバンギャルド!!
俺がFujiRockの主催者ならあぶらだこはトリだよ!
ほんと不思議だけどなんでこれをバンドで再現できるのか・・・

"Guru"は元筋肉少女帯のピアニスト三柴理によるプロヂュース。
あのThe Beatlesの"Strawberry Fields Forever"のようなAメロ。
あぶらだこの次の曲だから余計にメロディアスな部分が際だつ。
しかし、なんといっても間奏における大槻ケンヂの語りが凄まじい。
7年前に初めて聴いたときは鳥肌がたった。
今日ひさしぶりに聴いてみた。
涙が出てきた。
歌詞の一部を引用しようと思ったけど、
書いてみて全然伝わらないことに気づいたので引用しません。
是非このときの大槻ケンヂにしか為しえなかった魂の叫びを聴いてください。

| Underground Searchlie | 23:13 | comments(2) | trackbacks(2) |
このページの先頭へ