スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

bluebeard - bluebeard (2001)



今日からは私が足繁く下北沢シェルター、新宿ロフトになどの
ライブハウスに通っていた1999年〜2001年くらいの
日本のアンダーグランドなロックバンドを紹介します。

まず一発目はbluebeared。
多分一番聞きやすいバンド。
残念ながら7inchを2枚とアルバム1枚を残して
解散してしまったバンドです。

アルペジオとオクターブ弾きとミュートギターの絡み合い、
うねるベース、ヨーデルのように伸びる特徴的なボーカル。
ミドルテンポで駆け抜ける爽やかな風のようなエモーショナルロック。
8曲入りのアルバムですが、全曲捨て曲なし。
なんといっても特徴的なのがどこまでも伸びていくボーカル。
そして四季を感じさせてくれる珍しいバンドでした。

2000年に初めてライブをみて衝撃を受けた記憶があります。
ライブ後にはレコードプレイヤーも持っていないのに
7inchのシングルを購入して、友達の部屋に押しかけ何遍も聞いた。
このアルバムが出る時にはもうすでに解散するとの話が出ていたので
アルバムを購入後、CDライナーに載っているメールアドレスへ
感想を送り、ボーカルのTakahashiから返事ももらいました。

現在TakahashiはAs Meiasというバンドを組んで活動中。
ギターのGeorgeはバンド解散後はNahtに所属。

日本のインディーロックシーンにおいて
多大な影響を及ぼしたであろう素晴らしいバンドです。
どうやら今は廃盤なようで、Unionとかで見つけたら即買い推奨。

bluebeard ;
Takahashi Yoshikazu : vo, gt
Stanley George Badman : gt
Togawa Takumi : bass
Tsurusawa Shimon : drum
| bluebeard | 22:52 | comments(2) | trackbacks(1) |
このページの先頭へ