<< The Album Leaf - In A Safe Place (2004) | main | Tristeza - Spine And Sensory (1998) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

tristeza - foreshadow (2001)



Album LeafのJimmy LaVelleが在籍していたインストバンドがTristezaです。
これは1998年のデビューEPが2001年にCD化されたものです。
長らく廃盤となっていたのですが、たまたまSTM-Onlineで発見。
即購入しました。1stにも入っていない曲です。

"Foreshadow"
これぞTristezaといった曲。
美しいギターのアルペジオが絡み合い、
ドラムのリズムに乗った瞬間鳥肌が立ちます。
2転3転していく曲の展開が本当に素晴らしい。

"Smoke Through Glass"
1曲目と比較してしまうと見劣りしてしまいますが、
十分に聞けるナンバー。

"Cinematography (Original Version)"
ハーモニックスの響きから始まるこの曲は
バンドの始まりを予感させる重要な曲ではないでしょうか。
やはり2本のギターのアルペジオの絡みこそTristezaの
真骨頂であることがはっきりとわかります。

この音色、このメロディ、涙を誘う・・・

tristeza ;
JIMMY LEHNER :DRUMS
LUIS HERMOSILLO :BASS
STEPHEN SWESEY :KEYBOARD
CHRISTOPHER SPRAGUE :GUITAR
JIMMY LAVELLE :GUITAR
| TRISTEZA | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 23:50 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ