<< Tristeza - Mania Phase (2002) | main | COALTAR OF THE DEEPERS - White EP (1991) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Tristeza - Espuma (2003)



あけましておめでとうございます。
今年もあまり休まずに日々優良な音楽を紹介していきます。
紹介して欲しい音楽、お勧めの音楽がありましたら、
掲示板またはmusic_vader@yahoo.co.jpまでご一報願います。

2003年ギターのJimmy LaVelleがTristezaの脱退を表明。
曲作りの中心を担っていただけに解散かと思われましたが
現在New Album作成中とのことなので、いろんな意味で期待してます。

そしてこのEPがJimmy在籍時の最後の音源です。
2曲目の"Glimpse Exposure"は前作EPの"Mania Phase"と同じ雰囲気がします。

EPなので実験的な要素を踏まえた曲、
次のステップへと飛躍できそうな曲が並んでいます。
いまいちパッとしない、未消化な感じがします。

やはり一番耳に残るのが5曲目"Living Stains"です。
メロウな2本のギターのアルペジオとシンセサイザーの絡み、
疾走間のあるリズム。これぞTristeza。

6曲目の"This Trap"ではエレクトロニカ風な新たな展開を見せてくれる。
この雰囲気はいいと思う。
今後のTristezaが素敵なバンドになることを願って
今年最初のレビューを終了します。

今年もよろしくおねがいします。

tristeza ;
JIMMY LEHNER :DRUMS
LUIS HERMOSILLO :BASS
STEPHEN SWESEY :KEYBOARD
CHRISTOPHER SPRAGUE :GUITAR
JIMMY LAVELLE :GUITAR
| TRISTEZA | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 12:50 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ