<< COALTAR OF THE DEEPERS - White EP (1991) | main | COALTAR OF THE DEEPERS - Queen's Park,, all u change (1992) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Tristeza - Dream Signals in Full Circles (2000)



ごめんなさい。
貸していたと思ったら部屋の隅に転がってました。

Tristezaの2ndアルバムです。
基本的なスタイルは1st路線なんですが、
ひとつ不満をあげるとキラーチューンがないんです。
前作よりもまったりとした作りになっていて
疾走感のあるナンバーがないというのもあります。

でもね、凄く心地よいんです。
全体を通しての完成度が前作よりも格段に上。
大人の表現力というのでしょうか、空間を上手に使ってます。

霧の中でほわほわとゆらめく陽炎を追いかけた。
湖があってどんどん漕いでいくんだけど、どこにも抜けられない。
諦めかけたら綺麗な白鳥が道案内をしてくれた。

そんな幻想的な風景が思い浮かぶ絵本のようなアルバム。
現実から一番遠いところで鳴っている音楽。

1stが駄目な人は逆にこっちがはまるかもしれません。

tristeza ;
JIMMY LEHNER :DRUMS
LUIS HERMOSILLO :BASS
STEPHEN SWESEY :KEYBOARD
CHRISTOPHER SPRAGUE :GUITAR
JIMMY LAVELLE :GUITAR
| TRISTEZA | 20:04 | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 20:04 | - | - |

コメント

TBありがとうございました。
ずいぶん前に紹介したアルバムですので、自分の所はわずかな行ですませてますね。
私も一枚目よりは二枚目のこちらのほうが好きです。
トリステザからジミー・ラヴェルが脱退していたとは、こちらで始めて知りました。

関係ないですが、おすすめのバトルズ、私もとても気に入ってます。
Comment by okagamin @ 2005/01/05 1:18 AM
最初に聴いたのがこのアルバムだったので愛着があるかと思いましたが、レビューを書くにあったって再度聴き直してみると、やはり2ndの浮遊感に持って行かれました。
Jimmyが脱退したのは残念ですが、今後もよい作品がでることを期待してます。

battlesはエキサイティングなバンドですね。
そっち関係で今度はdon caballeroやらに手を広げていきます。
Comment by cdvader @ 2005/01/05 1:44 AM
don caballeroも結構CD出してますよね。
なんか海外のサイトで彼らのライブ映像を見たんですが、
もうほんとカッコよくてびっくりしました!!
Comment by Hiro @ 2005/01/05 4:21 AM
don caballeroは正式リリースされているアルバムを4枚買いました。今月中にはレビューします。
Comment by cdvader @ 2005/01/06 6:07 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ