<< Don Caballero - What Burns Never Returns (1998) | main | Don Caballero - Singles Breaking Up, Vol. 1 (1999) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Don Caballero - American Don (2000)



最近の仕事量(今月末まで)、blogが重いなどの
関係上アップができないことがあります。
あしからず。

さてDon Caballeroの4枚目にして最後のアルバム。
凄いの一言。
現在のbattlesよりもかっこいいかもしれない。
(まだbattlesのアルバムを視聴していないので、正しい評価はできないが)

相変わらずライヒのようなミニマルフレーズ。
ディレイを二つ置くことによりメインのフレーズを
延々とバックで流したり、2重のズレを創り出したりしている。
しかもただミニマルにだらだらと演奏が続くのではなく、
くるくると万華鏡の様に音楽が花開いていくのは感動的だ。

ギターのMike Banfieldが脱退してしまったが、
ベースにはStorm & StressのErich Ehm を迎え、
バンドとしては全く問題ない。

さらにエレクトロニカよりのアプローチもしており、こ
の辺はTristezaあたりに通じるものがあります。

幾重にも折り重なったギターの旋律にドラムとベースが絡みあう
マジックを体験してみてください。
battles、From Monument to Massesファンには
涎(よだれ)がズビズバ出てくる超お勧め作品。
今後出るであろうbattlesの1stと比較してみたいです。

Don Caballero ;
Damon Che : drums
Ian Williams : guitar
Erich Ehm : bass


| Don Caballero | 23:59 | comments(5) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 23:59 | - | - |

コメント

こんばんは!おひさしぶりです!
Don Caballeroで、まず最初の1枚といったら、
やはりこの最後のアルバムでしょうか!!?
From Monument to Massesは来日を2回見る事が
出来ましたが、ほんとカッコよかったです!
また来日してほしい・・!!
Comment by Hiro @ 2005/01/19 9:18 PM
そうですね、これが代表作になるでしょう。
なんで今までこれ聞かなかったんだろうと自分に反省。

FMTMは私も新宿で1回見ました。
あのサウンドをライブでも再現しちゃうのが凄い!
思わずLM4 Delayを衝動買いしそうになりました。
Comment by cdvader @ 2005/01/20 1:13 PM
ほんと俺もLM4 Delayの価格を
思わず調べてしまいました(^^;
もうほんとびっくりでしたよね!!
2台もつないじゃうなんて(爆)
Comment by Hiro @ 2005/01/25 4:22 PM
本当にかっこいいね。 こんな音楽家生まれて初めて見たよ。
Comment by fan of caballero @ 2005/12/01 6:18 PM
Ian Williamsの才能にはかないませんわ。
Comment by cdvader @ 2005/12/03 1:16 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ