<< Don Caballero - American Don (2000) | main | IVY - Guest Room (2002) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Don Caballero - Singles Breaking Up, Vol. 1 (1999)



今日でDon Caballeroの紹介は終わり。
本当にいいバンドなんで、一度聞いてみてください。
カオティック系(fugazi、envyなど)が好きな人にも激推薦!

本策は92年から97年までのEP、コンピレーション参加、未発表音源をまとめた作品です。
98年の"What Burns Never Returns"以前の音源のため、
ミニマル色はなくハードなディストーションと
めくるめく展開を魅せるエモーショナルなインストナンバーに仕上がってる。

しかし、本当に演奏がうまい。
70年代のプログレバンドよりもうまいんじゃないかと思ってしまう。
ドラムのスネア連打だけでもうゾクゾク!
ミュートなど入っていてヘビーメタルのような感じもしますがそこはDon Caballero。

ネットで調べていたところ、昨年はドラムのDamon Cheと
ドンギャバフォロワーの手によりDon Caballeroが再結成がされたそうです。
どうやら1st、2ndの激しい曲が中心だったようです。
やはり3rd以降で音楽性の違いが顕著に現れてしまったのでしょう。

いやぁ、それにしてもジャケットが素晴らしいですね。
レコードを交差点にばら撒いて絵文字を作ってる。
で、ジャケットの中身を見ると路上に落ちている
レコードを不思議そうに手を取る人々の写真が。

ああ、一度でいいからライブ見たかったなぁ。
battlesの1stはやーく聴かせてくれ〜
| Don Caballero | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 00:54 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ