<< Don Caballero - Singles Breaking Up, Vol. 1 (1999) | main | Mark Stewart + Mafia - Learning To Cope With Cowardice (1982) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

IVY - Guest Room (2002)



以前紹介したPhoenixのようなフレンチ系ポップス。
このバンドは友達のタミ君に貸してもらって
聞いたのでこれが初めてのIVYだ。

透明感とクラブよりな音作りが印象的です。
以前紹介したPhoenixに近い雰囲気を感じる。
全曲カバーなんですが、一曲も聴いたことないわ。
これを機会に原曲を探す旅に出てみることにしよう。

いやあしかしいい曲ばかり。
原曲を知らないのでアレンジでどう変わったのかは
わからないのだけどメロウで爽快感のあるサウンドは
このIVY独特のサウンドだとはっきりと伝わってきます。

晴れた日曜日の春の朝にコーヒーを飲みながら聴きたい音楽。
寒空の中一人で聴いたときでもこの荒んだ心を少しは癒してくれました。

1.Let's Go to Bed The Cure
2.Kite Nick Heyward
3.Say Goodbye Papas Fritas
4.Streets of Your Town The Go-Betweens
5.I Don't Know Why I Love You The House Of Love
6.Only a Fool Would Say That Steelly Dan
7.Digging Your Scene The Bow Monkeys
8.L'Anamour Serge Gainsboug
9.Be My Baby The Ronettes
10.I Guess I'm Just a Little Too Sensitive Orange Juice


IVY ;
Dominique Durand
Andy Chase
Adam Schiesinger
| IVY | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 01:12 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ