<< Mark Stewart + Mafia - Learning To Cope With Cowardice (1982) | main | Underground Searchlie - アオヌマシズマ (1998) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Underground Searchlie - スケキヨ (1998)



みなさまご無沙汰していました。
なんとか仕事も一段落つきまして、
またレビューに励めみます。

さて今の私の心情を表すのにピッタリのアルバムを紹介します。
筋肉少女帯の大槻ケンヂが筋肉少女帯を辞めて、
さらには音楽の道をも諦めかけた時に作成された非常にダークなアルバム。

そもそもUndergound Searchlieは大槻ケンヂが好きなバンドを集めて
曲をコラボレーションしてしまったものである。
このアルバムでは、
ホッピー神山キリヒトみうらじゅん人間椅子、面影ラッキーホール、あぶらだこ
などアバンギャルドなミュージシャンで固められています。

アルバム中の解説で本人も語っているように、
ここでの大槻ケンヂはちょっと尋常じゃない。

「愛している」を連呼しているアバンギャルドな1曲目。
ちっともJ-POPのような甘ったるい景色はない。
ドス黒いFunkをバックに「愛している」
という言葉がここまで呪詛のように聞こえることはないだろう。

突然だが私が一番好きな仏像は千手観音であり、
次に好きなのが不動明王です。
みうらじゅんは大の仏像マニアとして知られており、
そのみうらじゅんが人間椅子を従えて大仏連合という
バンドを作ってしまった。
さらには今回大槻ケンヂが参加した曲は"君は千手観音"
空手家の佐竹まで叫び担当で参加。
ああ千手観音がみたい!!

"横隔膜節"はあぶらだこです。
既存の音楽スタイルはここでは全く相手にされない。
狂気の宿った変拍子は聴くものの精神さえも破壊する。
これぞアバンギャルド!!
俺がFujiRockの主催者ならあぶらだこはトリだよ!
ほんと不思議だけどなんでこれをバンドで再現できるのか・・・

"Guru"は元筋肉少女帯のピアニスト三柴理によるプロヂュース。
あのThe Beatlesの"Strawberry Fields Forever"のようなAメロ。
あぶらだこの次の曲だから余計にメロディアスな部分が際だつ。
しかし、なんといっても間奏における大槻ケンヂの語りが凄まじい。
7年前に初めて聴いたときは鳥肌がたった。
今日ひさしぶりに聴いてみた。
涙が出てきた。
歌詞の一部を引用しようと思ったけど、
書いてみて全然伝わらないことに気づいたので引用しません。
是非このときの大槻ケンヂにしか為しえなかった魂の叫びを聴いてください。

| Underground Searchlie | 23:13 | comments(2) | trackbacks(2) |

スポンサーサイト

| - | 23:13 | - | - |

コメント

 TBありがとうございます。

 guruのあのオーケンの語りは素晴らしいですね。私も本当にそう思います。
Comment by なお @ 2005/02/02 12:38 PM
ギリギリの瀬戸際にある人間の感情の爆発。
人の心を動かすものは何かと思ったときには
この叫びを思い出します。
Comment by cdvader @ 2005/02/03 10:56 AM
コメントする









トラックバック

「みうらじゅん&いとうせいこう」氏に遭遇! 京都・平等寺にて

昨日はめっちゃビックリしました。みうらじゅん氏といとうせいこう氏がテレビ収録をしているところにたまたま通りかかりまして、会社のデザイン部の子とサインをもらいました。お二人とも、すごいファンが多い方ですよね。 関西テレビ系列の深夜に「京都ちゃんねる」

From 【京都発】マロンフィールド @ 2005/02/01 12:32 PM

埼玉ゴズニーランド

アオヌマシズマ  去年の11月から久しぶりに筋肉少女帯を掘り起こして聴き始めたら、夫と共に非常にハマり、ソロや特撮にまで手を伸ばし始めました。不思議な事に、以前はフツーに好き、ってぐらいだったのに、今はオーケンがベストになってしまいました。おっかしー

From ナオのアート道 @ 2005/02/02 12:46 PM
このページの先頭へ