<< cowpers - every little singles (1998) | main | There is a light that never goes out - ie (2000) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

cowpers - 揺ラシツヅケル (2000)



2000年にリリースされた待望の2ndアルバム。
ここにはもうかつてのcowpersの姿はない。
激しく荒々しい初期衝動を突き抜けたサウンドを展開。

テンポが速く英語詩の曲はない。
1stアルバムLOSTが好きな人には受け入れられないかもしれない。
ミドルテンポで曲も5〜8分台のものばかりで長い。
1stで気になったドラムもここでははっきりと成長の証が見える。
なんといってもツインギターの絡みがたまらない。
不協和音、変拍子、メロディというよりもウタといった方が適切だ。
そのウタの要である日本語の歌詞と絶叫するボーカルが胸に突き刺さる。

1stで手に入れたアメリカンハードコアな音楽性を
札幌にいながら独自の音楽性として消化していった
cowpersは明らかに前に進んだ。揺れながらも前に。

2001年12月5日の下北沢シェルターのライブにてドラムのHamanoが脱退。
このライブを見に行ったのですがこれまでにないくらい
vocalのGendoが喋っていました。
ドラムの脱退理由が家庭の事情とか言ってたような気がしました。
しかしこれでもかというくらい盛り上がったライブでした。
しかし残念なことに2002年に解散してしまいます。

その後のメンバーですが、GendoはSpiral Chord
Kazutomo, KomoriはDISCOTORTIONで活動してます。

彼らのアルバムも今後取り上げていきます。
cowpersについてはこの辺で終わります。
日本のアンダーグランドロックにおける重要なバンドでありました。

cowpers ;
Takebayashi Gendo : vocal, guitar
Takahashi Kazutomo : guitar
Komori Nozomi : vocal, bass
Hamano Naofumi : drums
| cowpers | 23:41 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 23:41 | - | - |

コメント

東京に来るたびに長野から出張して観にいってました。
思えば「LOST DAYS」のレコ発からいってたなあ。
彼らのアクトはハズレが無く、いつも僕をたまらない
気持ちにさせてくれた。
一度だけブッチャーズの「7月」のカバーを聴いた時の感動!!!
1st.2nd.ともに良いのですが、実は心をわしづかみに
されるのは「every little singles」。
なんだかあのまとまってなさが、生のカウパァズのような気がして・・・。
いずれにせよ、もうあのマジックは二度と起こらない・・・
Comment by mil @ 2005/08/26 1:15 PM
> milさん
7月のカバーは聞いたことがないです。
ブッチャーズのトリビュートのwe love butchers〜indie version〜のラストの曲ですので、早速CDを聞いてみようと思います。
ライブでは一度も聞いたことがないですわ。
羨ましいです。
Comment by cdvader @ 2005/08/31 12:10 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ