<< MAE - The Everglow (2005) | main | Copeland - Beneath the medicine Tree (2003) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

サンガツ - サンガツ (2000)




全三曲、Jim O'rourkeプロデュースのサンガツの衝撃的1stアルバムです。
2本のギター、2台のドラム、ベースからなるインストロック。
淡々とひとつのフレーズを繰り返し、リードギターが色をつける。
ミドルテンポでアルペジオが絡み合うところなんかグッときます。
1曲が長く15分くらいある。

淡々と続くフレーズ。
しかし時折訪れる変化。

今までの日常が素晴らしい、
いや、変化に富んだほうがいい、
サンガツは私たちの日々を反映したバンドではないか。

細かいところにツインドラムが光っている。
この間のライブでもやった"FIVE DAYS"はじんわりと響く。
"Report"はベースとツインドラムのため曲だ。

感動というものはない。
本当に淡々と粛々と音楽を奏でる集団。
しかし彼らの音楽に対する愛情は痛いほど伝わってきます。
次はじっくりと静かなところでライブを観賞したいです。

TRISTEZA系のポストロックが好きな方ははまります。
はまらなくてもじっくりと聞き続けてください。
きっとはまります。

サンガツ ;
Atsuhiro Koizumi : guitar
Sotaro Kojima : guitar
Masashi Kamada : bass, guitar
Michito Kaji : drums
Toyoto Yamawaki : drums
| サンガツ | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 00:23 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ