<< CODEINE - Frigid Stars (1991) | main | ZAZEN BOYS - HIMITSU GIRL'S TOP SECRET (2005) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

CODEINE - Barely Real (1992)

CODEINE - Barely Real (1992)

CODEINEのミニアルバムで1stと2ndの間に作られています。
相変わらずゆったりとしたリズムの中に潜む緊張感がたまらん。

バイオグラフィー翻訳後編。

1993
Joshが急にWest Coastに行ってしまい、CODEINEはドラマーのオーディションを実施することになった。「弱いものいじめをしているようだっよ」とJohnは言う。「我々のスピードで演奏することがいかに難しいががよくわかったよ」。最終的にはDouglas Scharinが加入した。CODEINEはLuisvilleに移り、アメリカの大規模ツアーの準備を始めた。「水の中には何かがある。」StephenはLouisvilleについて言った、「いい音楽のシーンがあって、人々も家賃もNew Yorkよりも優しい」
ツアーが終わったあとシングルの"TOM"をシカゴで作成。ギターは元Bastro, 当時Gastr del SolのDavid Grubbs。秋にはCODEINEはNew Yorkへと舞い戻りMazzy Starthe Griftersとツアーを行った。そしてラストアルバムとなる「The White Birch」が作成されます。

1994
最初のアルバムと比較すると「The White Birch」は乾いており有機的です。しかし全体的な衝撃や効果は残ったままです。何かをなくしたり感じたりする重大な体験を理解しようとしました。「裏切り」は「The White Birch」を貫くテーマとなっています。
1994年4月4日に「The White Birch」がリリースされThe Spinanesと共にヨーロッパツアーを行いました。7月にWest Coastで演奏を行いました。ツアー最終日はSanta Rosaで最後の演奏を終えたのでした。


そんなわけでCODEINEというバンドのが終わってしまったわけですが
その遺伝子は現在のロックシーンに与えている影響は計り知れない。
このバンドの音源をリリースしたSUB POPというレーベルに改めて感謝したい。

CODEINE ;
john engle : guitar
stephen immerwahr : bass, vocal
Chris Brokaw : drums

guest ;
Jon Fine : guitar on "JR"
David Grubbs : piano on "W"
| CODEINE | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 23:57 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ