<< TALKING HEADS - Stop Making Sense (1984) | main | THE POP GROUP - For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder ? (1980) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

THE POP GROUP - Y (1979)

THE POP GROUP - Y (1979)


遂にPOP GROUPの登場です。
バンド名がPOP GROUPなのに全然POPじゃありません。
バンド名を見て買った人は間違いなくそのギャップに卒倒するでしょう。
しかも当時17〜18歳だってよ。
恐るべき子供達とはこういうのを言うんでしょう。

Funkをベースにしながらも、アバンギャルドに展開していく様相はまるで
地獄の底から私達を呼んでいるようです。
このジャケットも恐ろしくて、子供が見たら泣きそうです。

"She Is Beyond Good and Evil"のイントロのギターの鋭さは
緊張感と衝撃と破壊を伴っています。

"Thief on Fire"は名曲。
ギター、ベース、ボーカル、ドラムがまさに渾然となって
ファイヤーと絶叫している。大仁田厚のファイヤーとはまるで心構えが違う。
すさまじい衝撃度。こんなの生で聞いたらバンドやめたくなるかもしれない。

"Snow Girl"はJazzyなピアノの合間にアバンギャルドなギターが挟まれ
途中で曲が崩壊します。狂気。

"We Are Time"のイントロギターフレーズは60年代を感じさせますが、
やはり曲はアバンギャルドになりますが、エコーの効いたギターが
まるでグループサウンズみたいです。

"Savage Sea"は美しいピアノの調べにのっていますが、
最後が切れてしまうのが残念。

ラストの"Don't Sell Your Dreams"
夢を売り渡すな。
そうだ、こんな過激なバンドが25年たった今でもちゃんと
こんな極東の島国に届いている。
たとえ今評価されなくても突き進むのみだ。

favorite:"Thief on Fire"
| Pop Group, the | 21:36 | comments(2) | trackbacks(2) |

スポンサーサイト

| - | 21:36 | - | - |

コメント

 おおお、ポップグループ!!僕的には史上最強バンドです。LPでは1曲目が「Thief on Fire」で、この最初の音で完全にヤラレました。いつかTBさせて頂きます。
Comment by hera @ 2004/11/08 7:04 PM
>heraさん
最強という意味では他の追随を許さないでしょう。
このバンドには衝撃という単語がぴったりです。
"Thief on Fire"最高です。
Comment by cdvader @ 2004/11/08 9:24 PM
コメントする









トラックバック

ポップグループ

Y-最後の警告/The Pop Group (1979)  特にJ-POP絡みの文章に伝説という言葉が安易に使われてはびこっているが、このポップグループこそまさに伝説という言葉が相応しい希少なる存在である。反戦を掲げた10代!のファンク好きのパンク野郎共がダブの第一人者と組

From 洋楽な日々 @ 2004/12/07 6:29 PM

Y(最後の警告) / THE POP GROUP

菅波栄純(THE BACK HORN)が事務所の社長から借りっぱなしの1枚  こ...

From デイリーレコセル @ 2005/02/15 4:34 PM
このページの先頭へ