<< Rachel's - Handwriting (1995) | main | Rachel's - The Sea And The Bells (1996) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Rachel's - Music For Egon Schiele (1996)

ベースのJason B. Nobleが抜け、Wendy DoyleがCelloで加入。

前作は16人ものミュージシャンを集めて作成されたが、
本作ではRachel'sのみの演奏、すなわちpianoとviolaとcelloのみで
作られたアルバムです。

Egon Schiele(1890-1918)という若干28歳で死去した画家についてのサウンドトラックです。
ちなみに死因はインフルエンザです。
ジャケットには彼の絵がふんだんに使われていますので
インデックスにプリントされているバイオグラフィーと共に
音楽を楽しむことができます。

シンプルさが美しい。
これはなんと呼べばいいのであろうか。
前作とは違いピアノが全面に出ている作品である。
ピアノのRachelが放つ不思議なコード感覚。
休符の中に潜む優しさ、記憶の底から何かを呼び覚ますメロディ。

クラシックやロックやJAZZだけがピアノではない。
ピアノの可能性を今までにない角度から切り開いた名作。

Rachel's ;
Rachel Grimes : Piano
Christian Frederickson : Viola
Wendy Doyle : Cello


Music for Egon Schiele
B0000037O3Rachel's Quarterstick 1996-02-20売り上げランキング : 9,565おすすめ平均starstar90年代もっとも美しい音楽Amazonで詳しく見る by G-Tools

| Rachel's | 00:24 | comments(3) | trackbacks(2) |

スポンサーサイト

| - | 00:24 | - | - |

コメント

TBありがとうございました!
これから紹介しようかと思っていたアーティストや好きなアーティストが沢山紹介されてて、正直『やられた!』って感じです。(笑)
それではまた読みに来ます!
Comment by S.A.M. @ 2005/10/21 12:47 PM
はじめまして。
tbどうもです。
レイチェルズと関係ないですけど
アストロブライトの新譜が出るんですね。
気になります。
ではー
Comment by ryotar @ 2005/10/23 5:11 PM
返信遅れてすいません。
コメントありがとうございます。

ここ数週間Rachel's中毒です。
(なんでまだアストロブライト聴いてませんw)

Comment by cdvader @ 2005/10/26 11:51 PM
コメントする









トラックバック

RACHEL’S Music for Egon Schiele

Rachel's Music for Egon Schiele  本作は1995年に行われた画家Egon Schieleを題材にした舞台の音楽として演奏されたものをライブレコーディングしたアルバムの様です。ピアノ(Rachel Grimes)、ヴィオラ(Christian Frederickson)、チェロ(Wendy Doyle)の

From S.A.M. Affiliate Mall @ 2005/10/21 11:48 AM

でかジャケ

面白いこと始めてます。 名盤がLPサイズジャケットで再発 ユニバーサルミュージッ...

From ToneColoredMusic @ 2005/10/23 5:12 PM
このページの先頭へ