<< Beyonds 再結成ライブ@渋谷AX 2005/12/20 | main | HAWKWIND - SPACE RITUAL (1973) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Saxon Shore - The Exquisite Death Of Saxon Shore (2005)

最近はなかなかアップ出来ませんでした。
2005年ベストの紹介はしません。

冬に花開いたサイケデリアを紹介しましょう。
Saxon Shore

2004年夏にTilman兄弟が脱退し、Matt Dotyが独りになってしまい
バンドの解散が危ぶまれました。
が、以前バンドを一緒にやったことがあるMatt Stoneと
Oliver Chapoyに声をかけ、インターネットを通して音源を作成。
Dotyはニューヨーク、Stoneはフィラデルフィア、Chapoyはワシントンに
住んでいるので現代のテクノロジーを駆使して音源が作成されたのです。
2005年最初にベースとドラムのWill Stichter, Steve Rossnerが加入。
ツアーを43本もこなした。

そしてDave Fridmanをプロデューサーに迎えてレコーディングが行われ、
10月にようやくアルバムがリリースされました。

素晴らしい。
甘美なメロディとトレモロギター、
プログラミングされた幾重にも重なるハーモニー。

インストバンドであるが美しすぎるメロディに打ちのめされてしまった。
紅白歌合戦ではなくこのアルバムを聴きながら涙を流すことをお勧めします。

年の最後に素晴らしい一枚に出会えました。
是非とも来日してほしいものです。

Saxon Shore;
Matt Doty - Guitar, Keyboards, Programming
Matt Stone - Guitar, Keyboards
Steve Roessner - Drums
Oliver Chapoy - Guitar, Keyboards, Programming
Will Stichter - Bass

The Exquisite Death of Saxon ShoreThe Exquisite Death of Saxon ShoreSaxon Shore Burnt Toast Vinyl 2005-10-18売り上げランキング : 46,129おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools
| Saxon Shore | 16:58 | comments(1) | trackbacks(3) |

スポンサーサイト

| - | 16:58 | - | - |

コメント

来日決定です。
3/末にTristezaと一緒に来日。
前座のSaxon ShoreがTristezaを食いそうな予感。
http://blog.livedoor.jp/dotlinecircle/archives/50374569.html
Comment by cdvader @ 2006/03/05 4:33 PM
コメントする









トラックバック

Saxon Shore『The Exquisite Death Of Saxon Shore』

こーいうのを待っていた! どこか底抜けに暗いのに、なのにどこか底抜けに明るい! 希望!希望!希望! 未来!未来!未来! 明日!明日!明日! 爆発!爆発!爆発! 爆発!!

From Re:逃源郷 @ 2006/02/07 11:41 PM

TRISTEZA & SAXON SHORE JAPAN TOUR 2006 @渋谷o-west (2006/03/31)

障害案件に見切りをつけて職場を抜け出し渋谷へと出掛けた。 54-71 一体何年振りになるのだろうか彼等のライブを見るのは。 最初に見たときはまだ一枚目を出したくらいのときだ。 ギターが脱退してからは初観戦。 編成はサンプラー&キーボード、ベース、ドラ

From CDVADER @ 2006/04/02 2:18 AM

深淵なる彼岸の音像

The Exquisite Death of Saxon Shore saxon shore Saxon Shore ★★★☆☆ US・ペンシルヴァニア発、轟音ギター&プログレテイストなインストバンド、"サクソン・ショア"3rdアルバムにして日本デビュー盤。 ノイジーで混沌、深淵なる彼岸の音世界。つんざくギターが

From 微動電信 @ 2006/06/07 6:16 AM
このページの先頭へ