<< Shipping News - Flies the Fields (2005) | main | TRISTEZA & SAXON SHORE JAPAN TOUR 2006 @渋谷o-west (2006/03/31) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Naht - Articuration (2006)

naht



2006年3月末に行われたライブ会場限定で発売された
Nahtの2曲入りCDEPです。

1.Erease The Period(視聴できます)
Nahtにしては珍しいBPMの早い直球エモロック風な曲。
しかし変拍子バリバリってところがNahtですね。
それに2分少々とほんとNahtにしては短すぎる曲。
Seikiの激情がほとばしる。
歌詞も日本語だし、新たな一面を見せてくれるのです。

"erease"ってどんな意味でしょうか。
いろいろ調べても載ってませんでした。

2.Canal
こっちも新しいNahtを提示してくれる曲だ。
ダンサブルなベースライン、
音数は少ないが印象的なフレーズを聴かせるギター、
ドラムも四つ打ち風に叩く。

でも一点気になるところがあります。
ライブでも感じたのですが、
イントロが終わるところで
ベースとドラムが普通に4拍で終わるのに、
ギターだけ3拍目で終わっちゃうんです。
なんだか違和感を感じてしまうのですが、
ベースとドラムも一緒に3拍目で終わったらダメですかね。

なんにせよ、5年振りの音源です。
ライブではもっと曲をやっていたので
アルバムを心待ちにしたいと思います。

Naht ;
Seiki : vocal, guitar
Tsuyoshi : bass
Takahiro : drums
| NAHT | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 23:49 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ