<< TRISTEZA & SAXON SHORE JAPAN TOUR 2006 @渋谷o-west (2006/03/31) | main | Polaris - 音色 (2006) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

Shipping News Japan Tour @川崎Bottoms Up (2006/04/01)

20060401 shipping news



ダークなサウンドのSLINTRODANを産んだルイヴィル。
ここ川崎もアンダーグラウンドな香りを発する街だ。
SHIPPING NEWS来日講演に川崎BOTTOMS UPにやってきた。

THE SUNSET BOULEVARD;
ギターとサックスを弾きこなすブランキーの浅井みたいな優男に目がいってしまう。
彼のカリスマ性を感じた。

HUNUNHUM;
Kularaのバンド。初観戦。
すげぇ!!としが言いようがない。
プログレというかカオスというか全てが混沌としている。
生声でアーと全員で合唱。
ギター、サンプラー、キーボード、ベース、サックス、ドラムとなんでもありな構成。
変拍子のオンパレード。
しかしそのテクニックだけではなくやっている音楽も斬新でプログレカオス地獄。
今年もっともアルバムが期待されるバンドに間違いない。

NANO MACHINE;
初観戦。
ギター二本、ベース、ドラム、キーボード、ペット二本の構成。
今日は管楽器が多いわ。
アルペジオを基本とし二本のペットがメロディを奏でる。
悪くはないがしっくりこなかった。

SHIPPING NEWS;
いよいよ登場。すでに22時半を回っている。
さすがベテラン、二本のギターのバランスが最適。
音量が小さめに聞こえるかもしれないが音のバランスがよく、非常に聞きやすい。

緊張感のある開放弦を使ったアルペジオ、
微妙なバランスによりユニゾンのフレーズが緊張感が高まる。
じわじわと脳みそがデロリンと浸食されていく感覚がたまらん。

客が50人もいなかったが逆にこのバンドが大好きであることがわかる。中には暴れ回り客同士が喧嘩しそうになる場面もあり、ライブに集中できなかったことが残念なところ。

ほんとに最高のライブだった。また来てくれ!!

Flies the Fields
Flies the FieldsShipping News おすすめ平均 stars闇を撃つサッド・コアAmazonで詳しく見る by G-Tools

| Shipping News | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 22:33 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ