<< Naht - Articuration (2006) | main | Shipping News Japan Tour @川崎Bottoms Up (2006/04/01) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

TRISTEZA & SAXON SHORE JAPAN TOUR 2006 @渋谷o-west (2006/03/31)

障害案件に見切りをつけて職場を抜け出し渋谷へと出掛けた。

54-71
一体何年振りになるのだろうか彼等のライブを見るのは。
最初に見たときはまだ一枚目を出したくらいのときだ。
ギターが脱退してからは初観戦。

編成はサンプラー&キーボード、ベース、ドラムの三人。
坊主で唾を吐きながら訳のわからないラップをしていたボーカルの姿はなく、
帽子メガネ長髪のキーボードを叩く姿に変わっていた。

三点セットのみでビシビシブレイクを決めるドラム、
難解なフレーズを淡々と弾き土台を固めるベース、
ぐちゃぐちゃにカオスを吐き出すサンプラー。

リズムの強靭さは変わっていなかったが
新たな彼等を受け入れるのに数曲を要した。
テンポが速くなった曲からようやく身体が自然と動き出す。

しかしボーカルがないことにいまだ違和感を感じた。
すると私の口からメロディが紡ぎ出された。
そうか自分で勝手にメロディを付ければいいのか!!
いい具合にアルコールも回ってきたのでとっても気持ちがいい。
またライブが見たくなった。

SAXON SHORE
初来日。きっともう来ないバンド。
CDが素晴らしい出来でライブがとても楽しみだった。
三本のギターがディレイとリバーブのフィードバックを奏で、会場を包み込む。

しかしなんだか物足りなさがある。
それはドラムだ。
CDだと違和感がなかったが音量が小さいのか全くダイナミックさが伝わって来なかった。
うーん、期待していただけにいまいち乗り切れなくて残念だった。

TRISTEZA
基本は9月にやった内容と一緒。
やはり今回はPAが悪かったのか低音とハット系の高音がよく聞こえず、
ギターとキーボードがでかく共信までしちゃってる。
せっかくの綺麗なメロディが台なし。

前のライブでも感じたが新作のA Colores
マイナーコードの曲ばかりでメリハリがないように感じる。
アンコールで聞いた初期の名曲"Beige Finger"を聞くとまだ越えられない壁があると確信。
次はメジャーコードで新たな世界を作り上げてほしい

| TRISTEZA | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 20:50 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ