<< DNA - DNA on DNA (2004) | main | COFYちゃん live at 西荻窪ターニング (2006/09/09) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

wire06 @横浜アリーナ (2006/09/02)

昨年はメタモルフォーゼに初参加。
GALAXY 2 GALAXYで宇宙を体感する素晴らしい体験をした。
今年はメタモには行かずに横浜アリーナでwireを初観戦。

藤沢からスクーターで一時間弱、横浜アリーナに到着。
まずはアリーナ探索。
普段は入れない4F、倉庫っぽいとこにまで入れちゃいました。
で、早速カレーうどんを食す。

WESTBAM(DJ)
まずタナカフミヤを見ようとしたが2ndフロアが入場制限かかって入れない。
仕方ないのでメインフロアにてWESTBAMを観戦。
派手さはないがしっかりと踊れるプレイ。

NITZER EBB(LIVE)
ボーカルと立ちドラムに打ち込みのユニット。
単調でつまらなかった。テクノで肉体的なことやられてもなぁ。
調べてみると昔のアーティストだったみたいです。
テクノロジーの差を感じてしまうな。

MICHAEL MAYER(DJ)
メインで卓球が始まったので2ndは入場制限解除。
BEROSHIMAを少し見てマイケルメイヤーのDJとなった。
なかなか楽しく踊れました。
うーん、いまいちDJプレイに対してどう評価をしていいかわからない。

それにしても2ndフロアの狭さと暑さは異常だ。
メインと明らかに大きさが違うのにアーティストは本物だ。

ALEXANDER KOWALSKI(LIVE)
圧巻。
先程のDJで楽しく踊ったのが馬鹿馬鹿しくなるくらいのハイテンポでアゲアゲな展開。
非常に分かりやすく、どこで盛り上がるかは皆分かっている。

しかし頭で分かっていても抗えないものがある。
バスドラ抜いて、ツマミを回し、絞り込み一気に音を開放。
これが脊髄反射で気持ちいい。
足はガクガクなんだが踊らずにはいられない、殺人的ライブだった。
終わったときに見知らぬおっさんと目が合い
「凄かった!」「殺す気か!」と言葉を交わしつかの間の友情が芽生えた。

JORIS VOORN(LIVE)
一番楽しみだったのがヨリスだ。
FUTURE HISTORYが好きでよく聞いていた。(過去レビュー
ピアノやストリングスがテクノと絡み合う名盤だ。

だがライブを聞いてがっかりしてしまった。
重低音が強調されすぎて肝心のメロディがさっぱり聞こえてこない。
盛り上げ方もコワルスキーに比べたらまだまだだ。
足腰も限界を突破していて、暑さも半端なくタオルが汗を吸い取れなくなってしまった。

FELIX KROCHERがバキバキで恐ろしくアゲアゲなプレイが始まったが、
このままでは本当に倒れてしまうと思ったので少し聞いてギブ。

RICHIE HAWTIN(DJ)
食料と水分補給をしてもとても動けそうもなかったのでスタンド席に座って観戦。
連れのイナムーは気持ちよさそうに寝ている。
やはりリッチーは幅が広い。
盛り上げ方も繋ぎ方も超一流だ。
派手さはないが職人芸で観客を魅了していた。

TOK TOK(LIVE)
ベースとドラムだけで攻めるストイックなテクノだ。
メロディを廃し、四つ打ちだけで強引に盛り上げる。

客は踊れる奴と寝てる奴で完全に二分化されている。
踊れる奴は妙にハイテンションなっているので
肉体的なテクノに腰がバキバキ動く。
寝てる奴には全く調度いい子守歌だな。

JEFF MILLS(DJ)
やっぱりトリはこの人しかいない。
本当に気持ちいいビートを刻んでくれます。
普通に刻むだけでなんでこんなに気持ちいいのでしょうか。
楽しいわ。

アリーナに降りて踊る。
ああ、気持ちいい。
30分くらい踊ると足腰が限界だ。


ヨリスは期待外れだったが、コワルスキーの熱い魂にやられた。
それだけでもいい収穫だ。

自分のテクノの好みもいろいろとわかってきたし。
やっぱり上物が乗っからないと相当いいプレイをしないと盛り上がらないわ、俺。
たまにはクラブにテクノライブを見に行きたいものです。

番外
・30過ぎのおばちゃんが緑のワンピースを着て、魔法少女の光るステッキをもっていた。
・メイドのコスプレがいた。
・どうみても観客女のレベルが高く、エロい。
・後ろ向いて踊る奴うざすぎ。俺の目の前で気持ち悪い顔で踊るなw
 (ずーっとガン飛ばしてたけど、向こうは目を合わそうともしない)
・映像でアーティストを映してくれー。
・2ndフロアの映像でタモリ倶楽部のオープニングの映像(尻)が流れたw

Changes
Changes
posted with amazlet on 06.09.04
Alexander Kowalski Different (2006/06/19)


フューチャー・ヒストリー
ヨリス・ボーン インディペンデントレーベル (2004/10/01)売り上げランキング: 10,655
おすすめ度の平均: 4.5
4 アイデアの宝庫たる一枚5 (個人的には)2004年最重要テクノアルバム

| _Festival | 01:42 | comments(5) | trackbacks(4) |

スポンサーサイト

| - | 01:42 | - | - |

コメント

cdvaderさん、こんにちは。TBありがとうございました。
cdvaderさんのお名前は存じ上げてましたが、絡むのは初めてですよね?今後ともよろしくです。
Comment by beatjunkie @ 2006/09/04 7:01 AM
おはようございます!
「WIRE06」で検索してたどり着きました。

今年も楽しかったですね!
ジェフがホントかっこ良かった!!
来年こそは体力もっとつけて、最初から最後まで楽しみたいです!
Comment by MMA THE ORANGE @ 2006/09/04 11:48 AM
>beatjunkieさん
こちらこそよろしくです。
最近停滞気味のblogですががんばります(汗

>MMA THE ORANGEさん
JEFFは相変わらずのカリスマプレイに脱帽です。
確かに体力はつけないといけないですね。
今も首が痛くてダメダメです。
Comment by cdvader @ 2006/09/04 1:05 PM
初めまして!
確かコメントするのは初めてだったと思うのですが、TBさせて頂きました。
Kowalskiのプレイには酔いしれましたよw
それと、Jeffはやっぱりトリに相応しいですよね〜。
疲れているけど、自然と身体が動くプレイは凄いw
Comment by Hide @ 2006/09/04 3:10 PM
クラブとかだと良くある事で低音大きすぎて、綺麗なメロディーが聞こえないってのは珍しくない事だね。
そっかそっか、Jorisのメロディーが小さいのはそりゃ確かに残念だ。
でもIncedentだけでも聞きたいわ
Comment by マチュ @ 2006/09/05 9:36 PM
コメントする









トラックバック

WIRE06

WIRE 06 COMPILATION WIRE06 に行ってきました。我が家の近くで開催されるということもあり、初回のWIRE99から参加しています(さいたまで開催された時は行きませんでしたが(笑))。ここ最近はクラブに行く機会も殆どないので、著名DJのプレイをまとめて体験

From Yokohama Beat Junkie @ 2006/09/04 6:58 AM

WIRE06行ってきました!!

WIRE06当日に仕事…重ね重ね悔やまれますが、大幅に遅刻しながらも今年も行ってきました! WIRE99から数えて8年目。どうにか皆勤をキープです!もうこうなったら意地でも終わるまで行き続けてやりますよ。 そんなわけで今日は、WIRE06体験記を時系列で綴ってみたいと

From MMA The Orange @ 2006/09/04 11:47 AM

■Wire06 Report

■Wire06  Yokohama Arene  2006,09,02[Sat]  16:00- Open  Time Table  -Main Floor-  16:00- Disco Twins(Dj Tasaka + Kagami) [Dj]  19:20- Ryukyudisko [Live]  19:50- Westbam [Dj

From ‥microbeat homepage‥ @ 2006/09/04 3:08 PM

Alexander Kowalski,Diego Hostettler,Dennis DeSantis - Reasons (Kanzleramt:KA80CD)

Amazonで詳しく見る 今まで結構髪が長い事が多かったのですが、暑苦しかったのでいつもより短めに切ってきました。あ〜さっぱりと気持ち良かったのですが、とある人に頭に10円禿げがあるのを発見されましたΣΣ(゚д゚lll)その後心配になり頭をじっくりいじくり回し

From Tokyo Experiment @ 2006/09/05 9:35 PM
このページの先頭へ