<< ALEXANDER KOWALSKI - _Changes (2006) | main | KEN ISHII - SUNRISER (2006) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

VOLA&THE ORIENTAL MACHINE - Waiting For My Food (2006)

みなさんご無沙汰してました。
更新サボってすいませんでした。
サボってましたが音楽はずっと聴いてました。

そんな私のように再び立ち上がったのが
元NUMBER GIRLの亜人が手がけるVOLA&THE ORIENTAL MACHINEです。

以前CDを出す前にライヴを見たのですが散々でした。

今回CDを聞いてようやく彼らがやりたい音楽が見えてきました。
ようはニューウェーブです。
それもGang of Fourを目指してます。

二曲目の"A Communication Refusal Desire"なんて
Gang of Fourの"Damaged Good"をもろパクリすぎw

最初聞いたときカバーかと思いました。
メンバーの誰も気が付かなかったのかよw
レコード会社もさ・・・

それにしてもアヒトのボーカルはうまい。
下手にエフェクトかけなくても十分そのうまさがわかる。

後はこの方向性をどう昇華させるかが問題だ。
日本でニューウェーヴをやっているバンドは現在そういない。

その中でどうオリジナリティを出すかが今後の期待です。
ライブはみたくないけどw

VOLA&THE ORIENTAL MACHINE ;
アヒト:guitar, vocal
青木 裕:Guitar (downy)
有江 嘉典:Bass
中畑 大樹:Drums (syrup16g)

WAITING FOR MY FOOD
WAITING FOR MY FOOD
posted with amazlet on 06.11.09
Vola&The Oriental Machine
インディペンデントレーベル (2006/01/25)
売り上げランキング: 9946
おすすめ度の平均: 4.0
5 とりあえず一言。ロック編。
5 NWリバイバルの雄
3 今後に期待しようか、どうしようか…

| VOLA&THE ORIENTAL MACHINE | 21:59 | comments(0) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 21:59 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

VOL.69★ジャパニーズロック:衝撃の10枚!

嘯氣堂の応援するJapanese Art Event SEEDSTokyoImp

From テレビ批評:ケーワウマガジン @ 2006/12/27 2:26 PM
このページの先頭へ