<< ザ・スターリン - 虫 (1984) | main | NINE DAYS WONDER - the scenery is in disguise there (2000) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

KEITH JARRETT - The Koln Concert (1975)



キースもマイルスに参加してたとは思えないくらい美しいメロディを奏でる。
これ本当に即興でやっているの?と疑ってしまうくらい
メロディアスだし、綺麗な旋律が流れてくる。
自分でもトランス状態にあるのか、ところどころで雄叫びが聞こえる(笑

まるでダウンタウンの「ガキの使い」のトークを見ている感じです。
見ていてまっちゃんの頭にドーパミンがドバドバ流れていて、
笑いが起こるたびに更なる笑いを生むがごとく、
キースのピアノもその狂気を増加させていくのがわかります。

ほんとこのライブを生で聞いた人は奇跡を目撃したようなもんだ。
羨ましぃ。
| KEITH JARRETT | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 23:32 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ