<< BLACK SABBATH - Paranoid (1970) | main | BLACK SABBATH - Vol.4 (1972) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

BLACK SABBATH - Master of Reality (1971)

ブラックサバスのギターであるトニーアイオミは
事故で右手の中指と薬指の先端を切断してしまっていた。

アイオミは左利きなので右手でネックを押さえるのでこの怪我は致命的だったのですが、
義指を付けて必死にギターを練習してブラックサバスを結成するのです。
まるで怪我なんて関係ないようなギタープレイ、ヘヴィなリフには強い魂がこもっている。

3rdアルバムである本作は1音半下げでギターがプレイされており、
さらにヘヴィネスが増している作品です。
バンドとしてのまとまりも熟練度が高い。

一音半下げなのでギターの弦が緩いので
アイオミの手の負担も減ることになりました。

"Sweet Leaf", "Children of the Grave"は必聴。

black sabbath - children of the grave


BLACK SABBATH:
Tony Iommi - Lead Guitar & Keyboards
Geezer Butler - Bass
Ozzy Osbourne - Vocals
Bill Ward - Drums

Master of Reality
Master of Reality
posted with amazlet on 06.11.25
Black Sabbath Sanctuary Midline (2004/05/24)売り上げランキング: 19193
おすすめ度の平均: 5.0
5 サバス聴くなら

| BLACK SABBATH | 01:21 | comments(0) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 01:21 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

ブラックサバス『Master of Reality』

Black Sabbathの3rdアルバム『Master of Reality(マスター・オブ・リアリティ)』。1971年発表。 サバスといえば一般的には『パラノイド』なんでしょうが、僕が聴いた限りでは本作が最も聴きやすく、バランスの取れた傑作アルバムだと思います。僕の記憶が正しけれ

From ROCK野郎のロックなブログ @ 2008/02/28 9:27 AM
このページの先頭へ