<< Girl Talk - Night Ripper (2006) | main | All Natural Lemon & Lime Flavors - Turning Into Small (1998) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

THE ALBUM LEAF - Into The Blue Again (2006)

紹介しようと思ってずっと忘れていたCDです。

前作の「in a safe place」で路線をガラリと変えて
より一層スケールの大きい美しいPOPミュージックを奏でました。

近作でもその傾向は継承されています。
エレクトリックピアノとストリングスと打ち込みの絡み方が
アイロニーを感じさせ、そして美しいのです。

イントロでその予感を十分に感じさせて、
二曲目の"Always For You"のまさしく完璧なPOPミュージックに感動するばかり。
なんという名曲であろうか。
The Album Leaf - Always For You

一番が終わってからのアルペジオ、ベースの入り、
そこから終わりまでは一種の奇跡的な空間がある。


1stアルバムに一番感じた寂しさや絶望がなくなり、
哀愁を感じさせるメロディでもどこか暖かさを感じる。

"Shine"ではその1st路線に近いものを感じるのだが、
これが鳥肌が立つほど美しく、インスト路線でも進化していることが十分にわかる。

捨て曲もないし、前作からの進化もある。
1stと並ぶ名作であることは間違いないです。

つーか、先週にライブあったんですね。
なってこった・・・行けばよかった。

The Album Leaf ;
Jimmy LaValle : all

Into the Blue Again
Into the Blue Again
posted with amazlet on 07.01.25
The Album Leaf
Universal (2006/09/12)
売り上げランキング: 23837
おすすめ度の平均: 5.0
5 気持ちよい
5 「僕の音楽はささやかな日常から生まれてくる」
| Album Leaf, the | 03:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 03:13 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ