<< Pinback/Album Leaf 来日公演 2008/2/28@恵比寿リキッドルーム | main | Pinback - Pinback (1999) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

JAGA JAZZIST - What We Must (2005)

久しぶりに復活のCDVADERです。
最近聞いてハッとしたJAGA JAZZIST(ヤガ・ヤシスト)を。

その名の通り、ジャズをベースにしたノルウェーの10人組インストバンドです。
1994年からクールで洗練された音を聞かせてくれ、
ジャズとラテンが好きなら気に入ると思います。

しかしいきなり音楽性がガラリと変わったのがこの2005年の「WHAT WE MUST」
ギターをふんだんに取り入れ、ジャズやラテンな雰囲気から脱却し、
ポストロックへのアプローチを取り入れています。

まるで別のバンドを聞いているような感じなので
従来のファンは嫌うかもしれませんが、私は最初のアルペジオでやられました。

私は根暗なもので、あんまりラテン系が得意ではないので、
こういった緊張感をもったインストバンドになってくれて嬉しいです。
元々がジャズをやっていた方々なので演奏力や構成は文句なし。


1曲目の"ALL I KNOW IS TONIGHT"が完璧すぎる。
ポストロックとジャズが見事に融合している。
メロウな雰囲気の中にもしっかりとジャズの要素も感じられ


4曲目の"Oslo Skyline"が壮大な曲。
最初はジャズ的なアプローチから始まるのですが、
段々と緊張感が増して行き、そして爆発する。
ジャズとかロックとかクラシックとか全部を飲み込んだメロディに歓喜。
最高だ。

バイオグラフィーを読んでみると面白いことが書いてあります。
シューゲイザーや70年代のプログレなんかが一番よく影響されていると書いてますね。

影響を受けたアーティストもジャンルがバラバラですね。
初っ端にコーネリアスの名前があるのは日本人としては素直に嬉しい。

まだ来日していないし、2005年のこのアルバム以降は
メンバーのソロ活動が活発化しているので新譜と来日が待ち遠しいです。

Jaga Jazzist:
Mathias Eick Trumpet, upright bass, keyboards + vibraphone
Harald Froland Guitars + effects
Even Ormestad Bass + keyboards
Andreas Mjos Vibraphone, guitars, drums + electronics
Line Horntveth Tuba + percussion
Martin Horntveth Drums + drum-machines
Ketil Einarsen Flute + percussion
Lars Horntveth Tenor sax, bass-clarinet, guitars + keyboards
Andreas Hessen Schei Keyboards
Erik Johannessen Trombone + percussion

What We Must
What We Must
posted with amazlet at 08.04.10
Jaga Jazzist
Smalltown Supersound/Ninja Tune (2005-04-19)
売り上げランキング: 90493
おすすめ度の平均: 5.0
5 見つけた〜
5 聞きやすくなりすぎた?
5 ノルウェーの特別なバンド
| JAGA JAZZIST | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 21:53 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ