<< COALTAR OF THE DEEPERS - SUBMERGE (1998) | main | VANILLA FUDGE - VANILLA FUDGE(1967) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

NUMBER GIRL - シブヤROCKTRANSFORMED状態 (1999)


バンド度9 メロディ度9 難解度2

"OMOIDE IN MY HEAD"である。
これだけは必ず聞いとけ、初期の名曲"OMOIDE IN MY HEAD"

今でも初めてライブで聴いた時の感動を覚えています。
1999年の新年新人一押しライブなるものがNHKラジオで流れてきた。
今思うと凄いのだが、当時は全く無名であったくるり、椎名林檎もこのとき
初めて聞いたのです。

しかも当時高校生であった私はラジオを録音するほどの音楽狂。
高校生で金がなくて、新潟県の田舎であったので情報源はビルボードTOP40、
ビートUK、ラジオとロッキング・オンのみ。ああ書いていて懐かしい・・・

で、そのときに聞いたNUMBER GRILは疾走感があり、いいなと思っていた。
1999年春東京の大学に通うことになった私は6月に新宿JAMで初めて東京での
ライブを体験した。もちろんNUMBER GIRLです。

"OMOIDE IN MY HEAD"で泣きました。
音楽とはこんなにも素晴らしいものであるのかと。
ライブとはかくも感動を呼び起こすものだと。
あのときの感動はまさしく"OMOIDE IN MY HEAD"

もちろんこのCDでのライブにも行きました。
2年ほど東京であったライブはほとんど行ったのではないでしょうか。
それほど私はNUMBER GIRL狂いでした。
そんな私が思い出す曲はいつも"OMOIDE IN MY HEAD"です。

favorite:"Omoide In My Head"
| NUMBER GIRL | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 23:04 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ