<< STEVE REICH - Music for 18 Musicians | main | jugem >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

ゆらゆら帝国 - 1998-2004 (2004)




はい、ゆらゆら帝国です。Disc1はベスト盤です。
久しぶりにゆらゆら帝国聴いたらものすごいPOPでびっくりしました。

で、Disc2ですよ。奥さん。
"グレープフルーツちょうだい"のRemixがいよいよとんでもないことになってます。ボーカルだけを切り貼りしたら原曲よりも過激な仕上がり。

"少年は夢の中"〜"太陽の白い粉"のメロウな曲の繋がりは
ハワイの夕焼けを見ているような気分になります。
(いや、ハワイ行ったこと無いけど・・・)

ラスト"イエスタデイ・ワンス・モア"
あくまでカタカナ表記の"イエスタデイ・ワンス・モア"
すげぇ、駅前でギターを掻き鳴らすゆずもどきは土下座して謝るしかない。ブツブツと切れたドラム(というかリズムボックス)、やる気のない坂本のボーカル、子供たちのコーラスもどこか調子がおかしい。
しかし、鳥肌が立ってくるのは何故だろうか。

このやる気のないボーカルが心地よいです。
DONOVAN、VELVET UNDERGROUNDを彷彿させます。
| ゆらゆら帝国 | 23:43 | comments(5) | trackbacks(4) |

スポンサーサイト

| - | 23:43 | - | - |

コメント

TBありがとうございました(^O^)
自分の場合は人から借りたのでDISC 2は未聴なのですが
そちらもスゴそうですね、今度聞いてみます。

彼らのサウンドは独特の緊張感がありますね。
Comment by buggy @ 2004/10/06 9:42 AM
TBありがとうございました。イエスタデイワンスモアは伝説になすね、私の中で。ベルベを彷彿かぁ、確かに。そう、かも。
最近は太陽の白い粉が大好きです。
お得な2枚組だと思います。


Comment by カエル面 @ 2004/10/06 10:15 PM
Disc2は最高です。

>buggyさん
是非ともDisc2を聴いて見てください。
悶死します。

>カエル画さん
こんなにぶっ壊れててもやはり名曲だからこそなのでしょうか。白い粉は気持ちいいですね。トリ・・・ゲフォ。
Comment by cdvader @ 2004/10/06 11:26 PM
トラックバックありがとうございます。
Disc1はもう言うことなしのベスト!って感じで。
そしてDisc2の"グレープフルーツちょうだい"、確かにすんげぇ出来ですね。
"イエスタデイ・ワンス・モア"も呆気にとられてしまったです。カーペンターズもこういうカヴァーをされるとは夢にも思わなかっただろう、と。

あとはディスクケースのツメが折れなければ完璧だったのに・・・(笑)
Comment by ねす @ 2004/10/06 11:38 PM
トラックバックありがとうございます。

最初はdisc1のお得感(?)に心奪われていたんですが、聴き込むうち、気づくとdisc2ばかり聴いている自分がおりました・・・。かなり中毒性が。
「イエスタデイ・ワンス・モア」は原曲がカーペンターズだということをもう忘れてしまいそうです。
Comment by hosshi @ 2004/10/07 11:24 PM
コメントする









トラックバック

ゆらゆら帝国 / 1998-2004

んーー(一瞬タメて)・・・カッコイイっ!!! 最初の出会いは「ミーのカー」で、バンド名が「ゆらゆら帝国」 「何だ? このうさんくさいバンドは?」って思ったんだけどサウンドを聞いたら 「あ、いたんだ。 ロックしてるバンドが日本にも」 そんなゆらゆら帝国

From 音楽道コーチ屋稼業 @ 2004/10/06 9:36 AM

1998-2004

 ゆらゆら帝国の「1998-2004」を購入。DISK1はこれぞゆらゆらワールド!新録の『グレープフルーツちょうだい』からラストの『冷たいギフト』まで存分にシビれまくれます。こうしてみると、今回のアルバムには選曲されなかったけど、彼らのいい曲はまだまだあるんですよ

From Love Life Rock @ 2004/10/06 11:27 PM

ゆらゆら帝国、どうしようもない夜にどうぞ。

 今日は1ッ曲でないぞ。急いで酔って全部聴け!

From 犬に咥えさせろ! @ 2004/11/06 2:30 AM

ゆらゆら帝国「グレープフルーツちょうだい」

今日のヘビーローテーションは、ゆらゆら帝国「1998-2004」他から「グレープフルーツちょうだい」です。今をときめかせる宮藤官九郎が作・演出した同名の芝居「グレープフルーツちょうだい」(2000年)のチケットを日...

From Pousser un juron. @ 2005/01/30 12:03 AM
このページの先頭へ