<< Sublime - Second Hand Smoke (1997) | main | SUBLIME - Stand by Your Van (1998) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

ROVO - LIVE at 日比谷野音 2004.0505〜MAN DRIVE TRANCE SPECIAL vol.2 (2004)



てなわけでDVDが届いたので早速見てみました。
1曲目は懐かしの1stからLARVAです。
山本精一のギターがギャーンと響く小気味よいナンバーです。

2曲目以降は新曲が4連発。
こちらも山本精一のギターがジャジーにクレイジーにメロディアスに
展開していきます。普段ライブではあまり聞こえない山本精一のギター
がここぞとばかりに暴れています。

11/10に発売されるアルバムの4/6が収録されています。
きっとアルバムではライブよりも曲が短くなっているはずです。
でもアルバムはアルバムで綺麗な音作りがされています。

1曲が10分以上あるのにも関わらずここまで踊らせてくれるのは
そういません。ベースとツインドラムの低音がシンセの音色と
MIXされ気持ちいいです。

ROVOの真骨頂はなんといってもライブです。
このDVDは5,000枚限定なんですが是非とも見てください。
ヘッドフォンつけて部屋をクラブに、そして片手にはビールを!

ROVO are;
山本精一: Guitar
芳垣安洋: Drs,Perc
益子樹: Syn,Key,Efx
岡部洋一: Drs,Perc
原田仁: Bass,Harmonica
中西宏司: Syn,Key
勝井祐二: Violin
| ROVO | 22:20 | comments(4) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 22:20 | - | - |

コメント

リアルタイムレビューです。
現在6曲目の"REOM"です。
相変わらず曲名の意味がわからん。
ギターのゆったりとしたアルペジオとは裏腹にバックは揺るぎないカオスの世界へ。ハッピーエンドな感じの曲。

と思ったらやはりNEW ALBUMではラストの曲でした。
Comment by cdvader @ 2004/10/28 10:28 PM
7曲目"Warp Session"
観客の喋り声、笑い声が気になる。
まったく曲に集中できない。
これをDVDには入れて欲しくはないです。
でもこれを買った奴らが自分の声を聞いたら一体どう思うのだろうか。非常に気になるところです。
Comment by cdvader @ 2004/10/28 10:36 PM
8曲目"Pylamid"
やばいよ。これ。
あの43分の曲がライブで展開。
さっきまでだべってた奴らを半殺しにしたい怒りは
どこかへ消えてしまった。

このライブでは30分あまりでしたが、
なんというカタルシス。
鳥肌がぞわわわと立ち上ってきました。
これを見るためだけにDVD買って損はなし。
Comment by cdvader @ 2004/10/28 11:10 PM
9曲目アンコールの"Sukhna"
発音できない曲名。
"Pylamid"で脳味噌が逝かれてしまった観客からの
わめき声が静的なパートでやけに響きます。
彼らはこの後訪れるカタルシスをもう一度待っているのです。

やっぱり盛り上がる。
この曲も後半は鳥肌立ちまくり。
ああ踊りたいです。
ライブいきてえぇぇぇ
Comment by cdvader @ 2004/10/28 11:25 PM
コメントする









トラックバック

ROVO - Live at Shibuya AX 2004.11.19

仕事でトラブっていたために20時前に会場入り。 ああ、\"KMARA\"やってる。何曲やったんだろ。 続いてNew Albumから5曲、 URMA, LOQUIX, HAOMA, NOV, REOM やはりROVOはライブバンドだってことを痛感します。 CDで聞くとMIXや音のこだわりが感じら

From CDVADER @ 2004/11/20 1:05 AM
このページの先頭へ