<< U2 - The Joshua Tree (1987) | main | U2 - Achtung Baby (1991) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

U2 - Rattle and Hum /魂の叫び (1988)




同名のドキュメンタリー映画を映像化した作品らしいです。
ごめんなさい。今日DVD注文しました。届いたら見てみます。

ってなんと今日amazonからU2のNew Album届いちゃいました。
いや、しかし"All That You Can't Leave Behind"まで
レビューしてから聴きます。あと5日の辛抱!!

あんまり当時の風景がわかりませんでしたので、
調べてみたところどうやら"The Joshua Tree"の制作
ドキュメンタリー映画のようです。
その映画のサントラ的位置づけ。

ライブとカバーと新曲がごちゃまぜになっている構成です。
やはりなんといってもライブですよ。
1曲目のThe Beatlesのカバー&ライブ"Helter Skelter"は本家よりも
かっこいい。Bonoのぶち切れ具合がたまりません。

5曲目のBob Dylanのカバー&ライブ"All Along the Watchtower"
U2ではなかったコード進行です。

6曲目"I Still Haven't Found What I'm Looking For"
ゴスペルです。楽器が入っていなくても凄まじくソウルフルです。
原曲よりも好きです。

12曲目"When Love Comes to Town"ではB.B.KINGとも競演してます。

13曲目"Heartland"はU2らしい幽玄的なバラード。
素敵です。

聴けば聴くほどアメリカン。
"The Joshua Tree"とは違い、とっても楽しそうに演奏している
U2はまた一歩前に進んでったのではないでしょうか。

U2 are;
Bono: vocal
Adam Clayton: bass
Edge: guitar, key, cho
Larry Mullen: drums
| U2 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(2) |

スポンサーサイト

| - | 22:31 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

U2 - Ruttle And Hum/魂の叫び DVD (1988)

昨日は友人宅ですき焼き。 日曜日に引き続きオールナイトでした。 年甲斐もなく一週間に2回のオールは辛い。 さらに帰宅途中にアイディアが思い浮かんだので cofyちゃんの新曲デモを録音。 そんなこんなでU2のDVD見ました。 \"The Joshua Tree\&quo

From CDVADER @ 2004/11/28 10:37 AM

U2 - Go Home (2003)

2001年9月1日にU2の故郷であるアイルランドのスレイン城で行われたライブです。最初U2がこのステージに立ったのは1981年にThin Lizzyのサポートで出演したらしいです。実に20年たってから同じステージにたったU2は一体何を思ったのでしょうか。1984年のアルバム\&q

From CDVADER @ 2004/11/28 11:58 AM
このページの先頭へ