<< Minus the Bear - They Make Beer Commercials Like This(2004) | main | BATTLES - EP C (2004) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

MANSUN - SIX (1998)



バンド7 メロディ8 難解6

前回紹介したMinus the Bearで触れたバンドです。
曲の展開が複雑なんだけど、プログレという風ではなくあくまでPOP、
だけど変拍子、繋がりようの展開に強引に繋がる。

サンプリング、打ち込みを多様していてその才能の豊かさを発揮してます。
しかもVo、Gt、作曲担当のポールドレイバーは男前。羨ましい。
捻くれ者が創り出したPOPワールドは捨て曲なしです。
MANSUNはB面でも捨て曲がないんです。B面では実験精神溢れる曲が多く、
自由度が高い曲なんだけど、あくまでPOPなところが憎らしい。

そのB面を集めたKleptomaniaが9/27に発売されるんだけど、
輸入盤が6500円!?もするのに、日本盤のCCCDが3200円。
なんじゃこりゃあ!!海外と日本で今までこんなに価格差があったCD
なんて聞いたことないですよ。一体どんな裏があるのやら・・・

favorite:"Being A Girl"
捨て曲なしなんでどれも最高です。
| MANSUN | 23:35 | comments(2) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

| - | 23:35 | - | - |

コメント

ノーマルCDが6500円とは超高すぎでしょう。クラフトワークのツールドフランスサウンドトラックの時でさえ、ノーマルCDとCCCDにここまで価格差は無かったのに。ぼったくりもいい所だ。
Comment by マチュ @ 2004/08/25 8:42 PM
おお、輸入CDの値段が下がってる!!
よかったCCCDじゃないのが買えます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002OTI5W/vader-22
Comment by cdvader @ 2004/09/04 2:39 PM
コメントする









トラックバック

MANSUN - Kleptomania (2004)

4枚目のアルバム制作中に解散となってしまったので、 お蔵入りとなっていたものが遂に発売されました。 Disc1がそれで、Disc2はファン投票で選ばれたB面集、 Disc3はレアトラック、未発表、ライブとなります。 今思えばルックスもいいので、昔のDURAN DURANみ

From CDVADER @ 2004/10/19 11:16 PM
このページの先頭へ