<< COALTAR OF THE DEEPERS - PENGUIN E.P. (2004) | main | MAGAZINE - Secondhand Daylight (1979) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

MAGAZINE - Real Life (1978)



先日惜しくも解散してしまったMANSUNのラストアルバムに
MAGAZINEというバンドのカバーが収録されてました。
気になったので早速amazonで購入。

1978年の1stアルバムです。
ボーカルHoward DevotoがBuzzcocksを脱退して結成。
なんて言いましょうか、変態プログレパンク?
今聞いてみるとピストルズのアルバムよりも衝撃的です。
今年のニューアルバムとしても十分聞ける。

1曲目はイントロがプログレかと思わせて、
ポップな展開かと思いきややっぱりプログレ?
しかも楽器めちゃめちゃうまい。
ベース、キーボードがいい味だしてます。

MANSUNがカバーしてたのが3曲目の"Shot By Both Side"
かっこいい。古くささは全然感じない。
ギターロック節全快。最高。

"Burst"みたいなゆっくりとした曲もできちゃうのがまた凄い。

"Motorcade"はバンドが暴走特急と化して驀進。
ベースが最高。
ギターの音階から外れたようなフレーズも素晴らしい。

"The Great Beautician in the Sky"は本当にMANSUNが影響受けた
とモロにわかる曲。マイナー調の3拍子に乗せて揺らぎのあるボーカルが
悪魔的世界を演出。

いやあいいバンドを発掘しましたよ。
あ〜ライブ見てみたかった。
ほんと、ピストルズ聞くならこっちを聞いて欲しい。

MAGAZINE are;
Howard Devoto: vocals
John McGeoch: guitar
Dave Formula: keyboards
Barry Adamson: bass
| MAGAZINE | 23:48 | comments(0) | trackbacks(2) |

スポンサーサイト

| - | 23:48 | - | - |

コメント

コメントする









トラックバック

MAGAZINE - Secondhand Daylight (1979)

相変わらずジャケットが狂っているMagazineの2ndアルバム。 ギターとベースが素晴らしく、POPセンスも格段に向上している。 が、だがしかし、やはり変態なのだ。 前作同様オルガンの響きからスタート。 エフェクトのかかったベースとプログレ調のギターが絡み

From CDVADER @ 2004/12/02 1:47 AM

[無理がある伊豆旅行][伊東→下田][音楽][MAGAZINE]

ケダモノ体験をした我々は、更に下田へと向けて南下する。 135号線を東伊豆町まで下ると左手に海が広がる景色へと戻る。 f:id:countryhell:20041122150702:image カーC ...

From 田舎地獄の地獄日記 @ 2004/12/06 2:06 AM
このページの先頭へ